40代で妊娠したい!TOP > 妊娠・知識 > アルコールは妊娠には悪い?

アルコールは悪い?

もし、妊娠を望んでいるなら、アルコールは控えた方がいいです。

これは、女性だけに限った話ではなく男性も同じです。

なぜ、アルコールがいけないのか?

それは、アルコールを飲むことで、女性の場合だと受胎能力が低下、
排卵障害を引き起こす可能性が考えられるからです。

男性の場合では、勃起能力を低下させる事にもなるので
性交渉が難しくなることもあります。

それに、精子に異常をきたす恐れもありますので、
妊娠したいなら、なるべくアルコールを控えた方がいいです。

アルコールは妊娠しづらい体を作るだけではないんですね。

他にもデメリットがあります。

それは、妊娠中にアルコールを飲んでいると、
生まれてくる胎児にも悪影響を及ぼすかもしれないのです。

中でも、その代表的なのが、胎児性アルコール症候群と言うものになります。

この胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲んだアルコールの影響で
発達障害などを引き起こしてしまう事を言います。

胎児性アルコール症候群は世界的に増えていると言いますので、
もし、妊娠していた場合は、アルコールは絶対に摂取してはいけません。


少量なら大丈夫と言う保証もありませんので、出来れば禁酒するようにしてください。